ウェブページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月に作成された投稿

2013年9月10日 (火)

「サボり」は悪

私は「サボる」ことが嫌いだった。
特に仕事はそうだ。
全力でやって当たり前。
仕事のために体調を整え、ベストにしておくのが当たり前。
だって社会人なんだから。
与えられたマニュアルをできる限り再現する。
だって、その会社に雇われているんだから。
だって、だって、それで、お金もらってるんだから…
それが「当たり前」すぎた。
完璧と全力にこだわりすぎて、仕事が遅く要領が悪い。
小さい頃の優等生は不器用なまま大人になった。
 
 
最近、いろいろ考えるところがあって、ゆるい職場に転職した。
立場も契約社員からバイトになった。
二十代のバイトばかりの職場は、手を抜いた仕事をしたり、サボったりする。
若い頃のように、激しい怒りは湧かなかったけれど「もったいない」と思った。
―一生懸命やって、初めて仕事は面白くなるのに…。
違和感と言って自分を誤魔化している感情をどうにかしようと、仁さんの初級セミナーであった、大嫌いな人を自分に戻すワークをやってみた。
嫌いな人は、自分の欠けた部分。
パズルのピ―スのように、欠けた自分を取り戻す。
サボった相手をピースにして取り戻すと、イメージでしかないというのに、私の体を駆け巡った。
すごく気持ちが悪い。
何度も繰り返し、ようやく、ピースのつなぎ目が目立たなくなってきた頃…少しづつ変化が現れた。
 
 
「今日は、時間がないから、これだけやっておこう」
仕事で、この一言が自分に言えるようになった。
仕事の目的を考えて、その場その場で重要度の低い行動を落とすことで、要領がよくなった。
完璧にしないと「誰かに」怒られる。
完璧主義は、お客様の満足を追求する純粋な気持ちではなく、恐怖から出ていた。
―ちゃんとしなきゃ、言われちゃう…
 
 
「こんな人生だけどいっか」
家に帰って、自分一人になって、この言葉が言えるようになった。
人として、女として、サボった生き方している自分を許せるようになった。
恋愛もしようとせず、家庭も作ろうとせず、家に引きこもって、友達も作ろうとしない。
夢を追うと目標を掲げながら、行動も弱く、結果もない。
ひたすら、逃避を繰り返す日々。
私は、私を憎んでいた。
サボる自分を否定して、消そうとしていた。
―一体私は何をしようとしていたのだろう。
世の中の人たちには、休日を自転車転がして過ごすような人がいる。
長い期間を使って、世界を旅する人もいる。
みんなそれぞれ人生を楽しむ中、私は自己嫌悪とばかり付き合いをよくしてしまっていた。
立派なことで時間を埋めようとしすぎて、全部嫌になってしまっていた。
やっと、そんな自分を笑えるようになった。
 
 
こうして、すっかりその変化に慣れた頃、私の世界は変わった。
「サボる」というマイナスを取り戻すことで、私は「サボる」ことの表と裏を受け取った。
「サボる」ことがこんなに私に欠けていたなんて思わなかった。
サボっている職場の人たちに感謝。
サボってくれてありがとう。
 
 
そして、受け入れた今は知っている。
彼らは、押さえるところは押さえてる。
結果が出ているなら、それはサボりじゃない。
仕事を短時間で終わらせることができるなら、余った時間をどう使うかは、その人次第。
彼らの仕事への考え方と、私の考え方が違うだけ。
私と、彼らは、押さえるべきポイントが違うだけ。
私みたいな細かいことにこだわりすぎる人間が無駄な動きでトロトロ仕事している間に、彼らは倍の結果が出せる。
いろんな個性があるからこそ、会社は回るのだ。
アナタたちの要領の良い、仕事の速さにいつも救われてます。

2013年9月 9日 (月)

否定していた自分を取り戻すように

過去日記を掘り出してます。

2006年から始めた日記。
リニューアルに伴い、面倒で全部下書きにしちゃったけれど、頻繁な更新が面倒なので、過去日記で対応してみました。
前は、表示しても、もやもやして、すぐに消してしまっていた日記が平気になったので、前から書き溜めた思想系を重視して掘り起こして行きたいにゃ

2013年9月 8日 (日)

いじめについて(2013.4.7日記)

今現在、いじめが報道されることが多いけど、私は 外で遊ばなくなったこと 喧嘩を大人が否定したこと が大きな原因だと思う。

大人になって知ったが、外で遊ぶ鬼ごっこやケイドロ、缶蹴りは基本的なコミュニケーションスキルを上げるための効果的な訓練法だ。
人間はやってみないと分からない生き物だから、傷つけあい、喧嘩することは絶対に必要だ。

今の子供は基本的なコミュニケーションを訓練する場がなく、傷つけあうこともない。

それでは、家族以外はみんな敵に見えてしまい、過剰な防衛に走り、いじめがひどくなるのではないか。
大人ができることは、子供の社会に介入することではなく、子供が安全に遊べる場所作りや子供が外で遊ぶ時間作りではないだろうか。

ちょっとした小話(2012.10.27の日記)

駅のホーム降りたら、5センチぐらいのGさんがいたのです。
人の足の間をうろうろするGさん
騒ぐ人もいなければ、気づかれることもないGさん
20代の女の子がまたいでいきました
20代のおしゃれ気な男の子がガッツリ踏んで後ろ足の上がった瞬間、
靴底から飛んで放物線を描いて地面へ
完全に半分つぶれておりました
東京こええ
何が怖いって、たぶんまたいだ女の子も潰した本人も気づいていないところです!!!
どこまで自分しか興味がないんだ!東京人!
東京の女の子が、Gを怖いというのは、絶対うそです
みんな騙されないで!

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ