ウェブページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うんちく

2013年8月23日 (金)

宇宙(2006/10/4作成を再掲載)

世の中には、

原子があって、

Photo_2

こんな感じで、原子核のまわりを

電子が回っていると考えられています

よーく、この図を見て見ましょう

何かに似ていませんか?

そう、ちょっと前に、世間を騒がせた

太陽系に似ているんです

もしも、太陽を原子核とすると、

惑星が、電子になります

すると、不思議な感覚になりませんか?

もしかしたら、私たちは、何かの物質を構成する

原子の一部かもしれない思えないですか?

私たちは、電子の表面にくっついた小さな生き物なのかもしれません

そして、その物質は、私たちのおよびもつかない

途方もない大きさを持っていることになります

逆を考えてみましょう

自分の体を構成する原子の中に、

太陽系のような宇宙を持っていたとしたら…

自分の中に、自分の知らない

数えることもできないぐらい大量の生物が、

右往左往しながら生きているかもしれません

私たちが受精したのと同時に

体内では、ビックバンによって宇宙が生まれ、

私たちの成長と共に

惑星で、進化と繁栄が起き、

私たちが死んだときに、

有無を言わさず崩壊する宇宙

なんだか壮大で、つつましい気分になりませんか?

大学で、この図を見たときから、

ずっとこんなことを考えてきました

なかなか哲学してるでしょ

2013年8月12日 (月)

鈴木一郎の借用書(なんちゃって金融・経済解説1)

みなさんは、借用証書が売買できることをしってますか?
経済を勉強しはじめたとき、この感覚がなかなか理解できませんでした。
なので、ここで、そんな人のために私のうんちく力でわかりやすくしちゃいまーす。(できる限り)
よくドラマやマンガで取り上げられるエピソードを元に解説します。
    ◆
鈴木一郎は困っていた。
自分が経営する飲食店が危うくなり、大金が必要なのだが、もう、お金を貸してくれるところがどこにもない。
一郎には、花子というかわいい娘がおり、大学進学を控えていた。
―破産すれば、この子は大学に行けなくなる…
花子は、最近幼馴染とつきあいはじめていた。
その相手は、一郎を支える部下の子どもだった。
一郎が破産すれば、花子は、進学と恋人を一気に失う…
一郎は決心して、誰に相談することもなく、ひっそりと闇金に手を出した。
花子は、何も知らず、無事大学進学を果たし、恋人とも順調に愛を育み、あと1年で卒業という時期になると、結婚の約束をするようにまでなっていた。
そんなとき、一郎は、衝撃の告白をする。
「会社が倒産する。
うちには莫大な借金があって、もう、この家も、飲食店も手放さないといけない。
明日には、暴力団が借金の取り立てに家に来るんだ…」
こうして、鈴木親子は地獄に落ちた…
 ◆
ありがちなエピソードですが、現代ではいろいろ法律が変わったので、こういうことは昔話になりつつあります…そこは無視して、ここで、疑問に思って欲しいことがひとつあります。
なぜ、闇金に貸したのに、暴力団が出てきたのか。
―えっそんなの当たり前じゃん!
と思ったあなた!
この物語では、闇金=暴力団ではないのです。(闇金=暴力団のところもあるけど、ここでは無視)
っていうか、そこをつつくの!と思ったあなた!
そうです!
そこが肝なのです。
闇金は、一郎の借用証書を、暴力団に売ったからこそ、暴力団が取り立てに来たのです!
―はあ?
っていうみんなの顔が見えそうだよ!
ふふふ
そう、ここが不思議なところなのです。
まず、借用証書に注目!
借用証書は、借りたお金(元本)と利息でできてます。
Q:一郎がお金を返せなくなった時点で、闇金が回収できなくなったものはなんでしょう!
A:もらえるはずだった利息と借金の残りですね。まあ、仮に合計一千万だったとしましょう。
それを暴力団に一千万で売ったのです!
闇金は、こうして、一郎の借用証書のことなどすっぱり忘れました。
ここで、重要なのは、なぜ、借金が売れたのか。
なぜ、暴力団は借金を買ったのか。
だって、闇金が回収不可能になった紙切れ一枚に一千万ですよ。
それは~
それは~
それは~(うざくせめてみました)
暴力団には、鈴木親子からお金を回収する手段をいっぱい持っていたからです!
たとえば、花子をソープに沈めたりとか。
たとえば、飲食店を一郎に引き続き経営してもらいながら、その名義や信用を利用した詐欺や犯罪を行ったりとか。
暴力団はこうして一千万を無事回収できたのでした~
この仕組みが理解できると、一気に、国債、社債が分かるようになります!
たとえは悪いけど、ショッキングな例えの方が頭に入りやすいからいいのです。
次に続く~

2010年11月15日 (月)

非科学的な現実

占い、幽霊…

非科学で代表されるものごとは多々ある。

今の時代、非科学的なモノを信じるとバカにされるという現実がある。

なら、科学的なモノと非科学的なモノと分けているのは何か

「再現性」である

もともと科学とは、「3回以上起こること」を真理としようという考え方なのだ。

高校のときの倫理の授業で、そこことを知ったとき、私は衝撃を受けた。

「幽霊を科学的に否定することは間違っている」というテーマの小説を読んで、もっとびっくりした。幽霊は、科学的でないと言われるのはなぜか―観測できないからである。

幽霊現象が起きる場所というのは、磁場がおかしいことが多く、電気に頼った現在の機器では観測できない

観測できなければ、再現性が証明できない。

科学者は、幽霊についてこう言うべきなのだ。

観測できないものに対して何も言えない、と

いないという証明もいるという証明もできない

観測できないのだから。

倫理を学び、私は、ひとつのことを決めた。

「どんなに非科学的と思えても、自分自身に3回以上起こったことは真理として認める」と

占いやら東洋医学をバカにする風潮はあるが、それは間違っている。

占いと東洋医学を西洋風に言うなら統計学なのだ

手相占いも姓名占いも何億人…たぶんもっと多くの人のデータの集積なのだ。

西洋学だって、手相がどのように作成されるか

姓名がどのような影響を脳に与えるかデータが取れていない。

また、このテーマが積極的に解明されることもないだろう。

科学は、めんどくさい調査の割にお金にならないテーマを嫌う。

東洋医学であるツボや整体は、人体をつつきまわした統計学だととさえ思う。

私は、言葉に基準を設ける人間なので、非科学的なことをバカにしている人を見ているとちょっと聞いてみたくなる

どうして、そう思うのですか?

きっと皆は言うのだ

だってみんな言ってるじゃないか

大衆意識って怖いと思う

外国は、ある一定の論理で動いているように見えるが、日本ほど、大衆意識で動いてる国はないのでは?と思う。

皆言ってるから真理なのだ

という考えは、すべてを投げ出しているように感じる。

大人になり、東洋医学と占いを信じるようになり、私の人生は、大いに助けられた。

西洋医学だけを信じていたら、とっくに動けなくなっていたかもしれない。

ここを読んでいる人がいないからこそ書いているのだが、みなさんも考えてみて欲しい。

イメージで物事を判断していないか

これで、人生が少し変わるかもしれません

2009年4月27日 (月)

E=mc二乗

みなさんは、アインシュタインの相対性理論はご存知だろううか?

一番使った公式は、E=mc二乗だったと思う。

さて、この公式、私は、別名をつけていた

殴りこぶし理論

この公式の意味もかねて、この由来を説明しよう

まず、Eエネルギーを殴られたときの痛さと仮定する。

殴られて痛いときは単純に言って何か?

 

 

 

 

 

 

 

考えました?

 

 

 

単純にでかい人に殴られたら痛い。

当然、ちっちゃい子供に殴られてもあまり痛くない。

mとは、重さのことである。

では、同じ人に殴られるとして、痛さを上げるとしたらどうか?

 

 

 

 

 

 

考えました? 

 

 

 

 

 

 

スピードを上げれば痛さは増す

これをc速さとする

この公式は、このことを宇宙レベルで解説している

と思う

いい加減なマメ知識でした

2007年1月 8日 (月)

アニメを実現させた人々

ナウシカが乗ってたメーヴェ

鉄人28号

この二つを現実に作ってしまった人がいる。

八谷 和彦

高橋 智隆

ぜひ、この二人をネットで、引いてみて欲しい

人間ってすごいって本当に思う

高橋さんのタチコマが個人的には、お気に入りです

無料ブログはココログ